ニュース

吉本興業・岡本社長「冗談発言」はモラハラやパワハラ!ハラスメントする人の典型的な言い訳だよね

吉本社長、冗談、モラハラ、パワハラ、ハラスメント

「テープ撮っていないだろうな」という発言について、
吉本興業・岡本社長は場を和ませようという意図の「冗談」だったと言った件、
モラハラとかハラスメントする人の典型的な言い訳だな~と思いました。

 

待ちに待った吉本興業岡本社長の会見!見ましたよー!!

でもガッカリ!終始歯切れが悪すぎ!!しどろもどろ(>_<)
でも弁護士さんや副社長にに話を振る時は、やたらハキハキしてましたよね(笑)

答えも回りくどいから記者もイライラしているのが伝わってきました。
そして結局答えになっていないとか・・・

最後までじっくり見る価値のない残念会見となりましたー!

吉本興業・岡本社長はモラハラ?

吉本社長、冗談、モラハラ、パワハラ、ハラスメント

モラハラする人の特徴に悪意のある冗談があります。

他人について発言する内容が、全く笑えないという事はよくあるんです。

笑えない・気分を害する・傷つけるなど。
変えようのない外見・容姿をからかったり、
気にしていることを知りながらしつこくからかったりします。

冗談」という体で話されるので、言われた方も言い返しにくいんです。

たとえそのことに対して反論したり、怒りをあらわにすると、
冗談でしょ(笑)」で済まします。

「(冗談も通じない)頭の固い奴だ」

「(冗談を本気にする)お前が悪い」って感じで
相手が罪悪感を持つように仕向けるのも天才的☆

結局言われた方が悪い事にされてしまう事も多々あります。

吉本興業・岡本社長の「冗談発言」の弁解も
「緊迫したその場を(宮迫と亮のために)和ませただけ」ってことですよね。

『宮迫と亮を気遣ってやったこと』という前提を作る事で
例えば宮迫さんと亮さんがハラスメントを受けやすいタイプだった場合は

「せっかく自分たちを気遣ってくれたのに責めてしまって申し訳ない」
思ってしまうわけです。

人を傷つけたり、脅かして言う事を聞かせるか、
(聞かない場合は)被害者ぶることで、どちらにせよ有利な立場を守ります。

『株主発言』も「配慮」という言葉でごまかしたのも同じ感じですかね。

吉本興業・岡本社長の冗談発言に対して

吉本社長、冗談、モラハラ、パワハラ、ハラスメント

モラハラ・パワハラなどのハラスメント系の特徴って、
家庭・会社などハラスメントが通用しない場では
ただの馬鹿にしか見えないんですよね(笑)

ハラスメントされた時は公の場に出すのが一番手っ取り早いのかもしれないですね。

宮迫さんと亮さんはそれがわかっていて、
冗談で言っていると知りながら)暴露したのかも!!
だとしたらグッジョブです☆

まとめ

宮迫×亮の会見を受けて、また松っちゃんのワイドナショーの生放送を受け、
吉本興業・岡本社長がどんな会見を開くかを
日本中が固唾をのんで見守った今日の会見でしたが、

記者たちの核心を突く質問に対して、岡本社長のかみ合わない回答で
なんだか何を言っているかよくわからない会見でした。

この「なんだか何を言っているかよくわからない」というのも
モラハラする人の特徴で、結局相手が疲れ果てて話し合いにならないのです(>_<)

岡本社長がどのように反論するかとか、新たな情報が出てくるかなど
期待していたのに、ガッカリでしたよね。

 

ただ、宮迫さんと亮さんが20日に会見を開いたことについては、
「あのような記者会見をさせてしまったことに対して、深くお詫び申し上げます。
非常に辛い思いをさせてしまった」と謝罪していましたし、

2人に対しての処分は撤回し「戻ってくるようなことがあれば、
全力でサポートしていきたい」と言っていました。

ここは宮迫×亮が堂々と吉本に復帰して(謹慎後に)、
吉本興行の経営陣も今後の在り方をよく話し合うことで、
そろそろ丸く収まらないかな~なんて思っています。

松っちゃんやさんまさんが携わればきっと良くなると思うし、
彼らの顔を立てるためにもお互いにちょっと歩み寄るとか、出来たらいいと思います。