ワイドショー

ビートたけしの離婚とゲーム【たけしの挑戦状】が酷似?伝説のクソゲーの内容は?

たけしの挑戦状、離婚、ビートたけし

ビートたけしさん(72)が40年連れ添った奥さんと離婚していた事で、
ファミコンゲーム「たけしの挑戦状」の通りだ!という声が多いのですが、
一体どういう意味なのか、まとめてみました。

「たけしの挑戦状」とは?

たけしの挑戦状、離婚、ビートたけし

「たけしの挑戦状」は1986年12月10日に、
タイトーからファミコン用ソフトとして発売されたアドベンチャーゲームです。

「今までにない独創的な発想を入れたい」というビートたけしさんの意図が反映され、
数々の斬新な内容が盛り込まれていたそうです!

キャッチコピーは「謎を解けるか。一億人。」

パッケージ表面には「常識があぶない。」と書いてあり、
さらに裏面では「今までのゲームと同じレベルで考えるとクリア出来ない」
ビートたけしさんのコメントが載っていたとか。

さらに「成功確率 無限大数分の1」と書かれた広告まで!

プレイ中に発生するイベント毎の選択肢は基本的にノーヒントなので、
ゲームオーバーに陥る確率がとても高いという、
理不尽なまでの難易度の高さが話題となった伝説の「クソゲー」と言われています(笑)

※クソゲー:難易度が高すぎるゲーム、別の意味ではつまらなすぎるゲームという意味でも使う

 

ゲームのあらすじ

たけしの挑戦状、離婚、ビートたけし

主人公は「薄汚れた町並みの中に住む所帯持ちのしがないサラリーマンで、
台詞は罵言暴言など汚い言葉遣いが多い」という設定(驚)

そんな彼がふとした事から財宝の在処が示された地図を手に入れて、
それを探しに旅立つという冒険物語です。

 

主人公は何処にでもいそうなサラリーマンなのにも関わらず、
ヤ〇ザや警察が突然攻撃してきたりするという壮絶な展開に!

 

自宅にいる妻子でさえ『敵』として登場したりするんだそうで、
他にも登場するキャラクターは敵も味方も関係なく全て攻撃対象というのだから、
なんともバイオレンスな内容です!

 

会話コマンドにも「殴りかかる」や「喧嘩を売る」といった
物騒な選択肢があったとか!

たけしの離婚とゲームの内容が酷似?

たけしの挑戦状、離婚、ビートたけし

 

今回の離婚ビートたけしさんは100億円とも言われる資産を
離婚した奥さんに渡したとか!

伝説のゲームと同じ、もしくは未来を予言したゲームだったのか?
なんて都市伝説にでもなりそうですね(笑)

まとめ

ビートたけしさんの離婚と過去に発売された伝説のゲーム「たけしの挑戦状」内容
似ていると話題です!

ノーヒントで超難しいこちらのゲーム、
実はCMにゲーム攻略のためのささやかなヒントが隠されてていたんですって!

一体何がヒントだったんでしょうね??

ちなみに発売前日まで流れていたこのCM。
ちょうどその日に、あの有名な「フライデー襲撃事件」が発生したことで
ビートたけしさんが逮捕されてしまい、

ゲームの発売当日からCMは流れなくなってしまったんです(笑)

 

たけしの挑戦状、離婚、ビートたけし

 

でも予定どおりゲームは発売されたそうですので、さすがは昭和ですね!
今では考えられませんよね!^^

 

ゲームオーバー画面は主人公のお葬式というなんともシュールな結末のほか、
BGMがスタートからエンディングまで一貫して明るかったという、
なんとも不気味なゲームだったと思われる「たけしの挑戦状」

宝物を得るために「離婚」しなければいけないというゲームの内容が、
実際のビートたけしさんの人生にそっくりなのでは?と話題になったことで

発売から30年以上も経っているのに「たけしの挑戦状」
思い出す人が増えたのかもしれませんね。