ワイドショー

【レンタル家族】が怖すぎる!ワイドナショーで紹介 都市伝説的なサービスが存在した!

レンタル家族、怖い、ワイドナショー

4月28日に放送されたフジテレビの番組「ワイドナショー」
「レンタル家族」が紹介されました!

はじめは見ていて「気持ち悪い」と思いましたが、
気持ち悪いというより「怖い」という気持ちの方が強くなりました。

レンタル家族って都市伝説みたいなサービスですが、
本当にあってびっくりしました。

レンタル家族というサービスがどのようなものなのか、
実際に見ていて感じた事や疑問なども書いていきます!

レンタル家族ってどんなサービス?

レンタル家族、怖い、ワイドナショー

ワイドナショーでは「レンタル家族」のサービスを利用している男性に
密着していました。

レンタル家族サービスの利用者である60代男性(会社員)は、
4年前に奥さんを亡くされていました。
お嬢さんがいますが独立されていて、男性は現在は一人暮らしです。

レンタルしているのは妻役と娘役の2名で、
1人につき2万円なので、4万円になります。
これを3ヶ月に1度のペースでレンタルしているそうです。

ちなみに利用時間は4時間です。
一緒に食事したり、外出するのにちょうどいい時間ですね。

利用者に徹底的に合わせてくれる

利用者の希望を叶えるべく、まず最初にアンケートで詳しい情報を聞かれるそうです。

「自分を何と呼んでほしいか」

「(レンタルの)妻や娘を何と呼ぶか」

「癖はあるか」

「普段どのようなファッションか」

「家にいるときは何をしているのか」

これらの情報をレンタル妻やレンタル娘が覚えて
サービスの際の会話に活かしてくれるのだそうです!

そのため、会った瞬間に
「お父さん、また同じ格好してるー」
などという会話が自然に始まります。

他にも本当の家族の容姿に似た人が来てくれたり、
服装や方言、話し方なども再現してくれるそうですよ。

見ていて怖かったレンタル家族の実態

レンタル家族、怖い、ワイドナショー

見ていて怖かったのが「家族の思い出を語る事」!!

事前アンケートで(本物の)家族のエピソードを伝えておくことで、
レンタル家族で過ごす際に、思い出を語り合う事が出来ます。

たとえば、本物の娘がたこ焼きを上手く焼けなかったこととか、
本当の家族で出かけた際の思い出のコースなどを、

レンタル家族と男性とで懐かしそうに話したりするのです!!

これによって絆が深まり、リピーター率が上がるらしいですが、
見ていて普通に怖かったです!!

満足する利用者は多い

利用者の60代の男性は「本当の家族のように接してくれるのが魅力」と言っています。

「家族団らんってこういう雰囲気だったな」と思い出させてくれるのが
良いのだそうです。

この男性はリピーターなので、レンタル妻やレンタル娘は家の食器の位置などを
把握していて、本当の家族のように過ごしていました。

ちなみに一緒に過ごす中でスマホで写真を撮るという流れになっても
その写真は後日レンタル家族サービスの会社から送られてくるそうです(笑)

過去に似たようなドラマがあった!

レンタル家族を題材にした怖いドラマがあったのを思い出しました!

このドラマではレンタル家族の利用者(いしだ壱成)は
自分の家族がレンタル家族という事を知らないので、

最後はとてもせつなく残酷なラストになっています。

以前にこれを見ていたので、レンタル家族都市伝説的なものだと
ずっと思っていたのですが、本当に存在していました・・・

レンタル家族が怖いという世間の声

レンタル家族怖いと思っているのは私だけではなかったようです。

利用者が喜んでいるのなら、それで良いのですけどね!

まとめ

レンタル彼氏やレンタル彼女、レンタル友達などのサービスがあるのは
聞いたことはありましたが、レンタル家族も出てきたのですね。

見ていてなんとも怖かったです・・・

私が見ていて気になったのはトラブルないのかな?という事。

たとえば恋愛感情や窃盗、
刑事ドラマのようですが高齢者の遺産乗っ取りや
保険金詐欺など・・・

もちろんプライベートの連絡先交換は禁止で、
恋愛感情などを抱いてトラブルが発生した場合は
サービスが打ち切られるそうですが・・・

あとはご近所の目って気にならないものですかね。

利用している人が満足であればもちろん全然OKなんですけど
私はとにかく怖かったです!そして悲しい・・・

ただ、私を含めこのサービスを怖いとか気持ち悪いとか思う人は
それだけ恵まれた環境にいるということですよね。
改めて今いる自分の家族に感謝して、
これからもっと大切にしていきたいです。