ドラマ

ストロベリーナイトサーガ第2話ソウルケイジの感想!あらすじがせつない!ネタバレあり

ストロベリーナイトサーガ、第2話、ソウルケイジ、感想

※ネタバレを含みます!

ストロベリーナイトサーガ第2話「ソウルケイジ」
とってもせつない、父子の愛情が描かれていて悲しくなります。

ドラマのあらすじ感想を書いていきます!

ネタバレを含むのでご注意ください。

第2話【ソウルケイジ】あらすじ

事件は多摩川土手の路上に放置されたスクーターの荷台から
成人男性の左手首が発見されるところから始まります。

この左手首の持ち主は高岡賢一(寺脇康文)のものと判明。

ストロベリーナイトサーガ、第2話、ソウルケイジ、感想

高岡賢一は工務店を経営していて、
従業員は三島耕介(堀井新太)という若者です。

ストロベリーナイトサーガ、第2話、ソウルケイジ、感想

この2人の関係はただの雇い主と従業員という関係ではありません。

実は三島耕介(堀井新太)の父親は、
9年前に建設現場の事故で父親を亡くしています。
身寄りがない三島耕介(堀井新太)を気にかけ、
我が子のように面倒をみていたのが高岡賢一(寺脇康文)でした。

ソウルケイジで三島耕介の中学生時代を演じた俳優がかわいい!どんな作品に出ていたの?

 

三島耕介(堀井新太)は工務店のガレージに大量の血液があったため、
高岡賢一(寺脇康文)を探していたのです。

殺害された遺体は高岡賢一(寺脇康文)と判明したものの、
なぜ手首だけだったのでしょう??

死体無き殺人事件として姫川班が捜査していく中で
驚愕の、そして切ない事件の全容が浮かび上がってきます・・・

ストロベリーナイトサーガ、第2話、ソウルケイジ、感想

やがて胴体のみの死体が発見され、三島耕介(堀井新太)は
高岡賢一(寺脇康文)と認めますが、
姫川玲子(二階堂ふみ)は違うと思っています。

しかし共に捜査をする日下守(神保悟志)は妄想だと一蹴します。

ストロベリーナイトサーガ、第2話、ソウルケイジ、感想

納得いかない姫川(二階堂)は、監察医に再鑑定を依頼!
そこで死因は感電死であると判明した事がきっかけで
手首と胴体は別の人間であると推理するのです!

姫川(二階堂)は死亡した高岡賢一(寺脇)が
全く別の人間である可能性を報告。

理由のひとつに高岡賢一(寺脇)の生命保険の受取人が
息子のように可愛がっていた三島耕介(堀井)の他に、
内藤君江という女性がいたから・・・

君江の弟は内藤和敏という男性がいて、
内藤和敏の意識不明の息子・雄太を、君江が世話をしているのです。

この内藤和敏こそが今回死亡した高岡賢一(寺脇)なのではないか?

過去に何らかの事情があって、
この内藤和敏と高岡賢一の戸籍が入れ替わったのでは?
と姫川(二階堂)は推測します!!

どうして2人は入れ替わったのか?

どうして高岡賢一(内藤和敏?)は手首だけ残して消えたのか?

遺体の胴体は一体誰なのか?

これらの謎が明らかになります!!

ソウルケイジの感想

高岡賢一を演じるのは寺脇康文さん。前作では石黒賢さんが演じていました。
高岡賢一は過去に寝たきりの息子に生命保険を残す為、
自分を捨てて高岡賢一になりすましていました。

そして今回は息子のように大切におもっていた三島耕介(堀井新太)を守るため
自分の腕を切断し死んだと思わせようとしていたのです。

前作の石黒賢さんも良いですが、
寺脇康文さんも父親としての深い愛情を演じるには充分な演技力を持っていますね。

ちなみに前作での三島耕介は濱田岳さんが演じていました。
涙なしには見られない回でした!!

姫川(二階堂)と一緒に捜査をする日下守は、
前作は遠藤憲一さんが演じました。
実はこの日下、家庭に問題を抱えていて、見ていて切なくなる役柄。
姫川と反発する間柄かと思いきや、案外良い奴だったりします。

被害者だけど大悪党!戸部真樹夫は誰が演じる?

ソウルケイジの悪党・戸部真樹夫は波岡一喜さんが演じます。

ストロベリーナイトサーガ、第2話、ソウルケイジ、感想、ネタバレ、あらすじ

うん、合ってる!!

波岡一喜さんは悪人の役が上手なので、
前作からのファンとしては安心しました。

この戸部真樹夫はヤ〇ザの息子で、
フロント企業に出向として来てはまともに仕事もせず
女性を観ると乱暴するような大悪党。
バックがヤ〇ザなので、女性はみんな泣き寝入りなのです。

また保険金詐欺にも大きく関係します。

高岡賢一(寺脇)のすべての行動には、
この戸部真樹夫が大きく関わっています。

菊田(亀梨和也)がいまいち・・・

ストロベリーナイトサーガ、第2話、ソウルケイジ、感想

それから初回にも思ったのですが、亀梨和也さんがちょっと残念な感じがします。

亀梨和也さん演じる菊田という人物は、姫川班になくてはならない人物。

控えめながら圧倒的な存在感を出せる役者さんでないと
いけないと思うのです(>_<)

亀梨和也さんはもちろん存在感はあるのですが、
ただ「静かにしているだけ」という感じで、
『菊田』としての存在感がないように思います!

亀梨和也さんの無駄遣いとでも言えばいいのでしょうか。

亀梨和也さんにとっても、ストロベリーナイトサーガにとっても
中途半端でもったいない感じがします(>_<)

 

ストロベリーナイト前作のBlu-rayはコチラから↓

 

ソウルケイジの原作はコチラです^^

まとめ

ストロベリーナイトサーガ第2話ソウルケイジでした。

不器用な父親の深い愛情が切なくて涙が出てしまう一方で、
被害者である戸部真樹夫の非道ぶりには腹が立ちます!

ソウルケイジは4/25(木)の放送で完結しますので、
楽しみにしています!