花粉症

【対策】花粉が原因で肌荒れが!花粉症皮膚炎を悪化させないために大事な2つのこと

花粉症、皮膚炎、肌荒れ、対策

花粉がお肌に付くことで皮膚炎を起こしてしまうことがあります。

一度肌が荒れてしまうと敏感になり、
お肌があらゆる刺激に弱くなって
痒くてたまらなくなったり
どんどん悪化したりすることもあります。

どうして花粉お肌があれてしまうのか、
どうしたら肌荒れを防げるか、
もしくは肌荒れを起こした時に

どのようにケアしたらいいかなどまとめていきます。

花粉でお肌があれる理由は?

花粉症、皮膚炎、肌荒れ、対策

花粉による肌荒れは、
花粉によってお肌がアレルギー反応を
起こしてしまっている事が原因です。

花粉症といえば、鼻や目などの粘膜に花粉が付くことで
アレルギー反応を起こし、鼻水が出たりかゆくなったりします。

他にも喉の痛みや咳、くしゃみ、頭痛や微熱など
花粉症の症状は多岐にわたります。

そんな花粉症の症状の中に
お肌のトラブルもあります。

顔全体がかゆくなったり、赤くはれたり、
ガサガサしたりするなどの症状が現れます。

これらは「花粉症皮膚炎」と言われ、
お肌に付着した花粉がアレルギー反応を起こして、
皮膚が炎症を起こすのです。

最近は花粉による肌荒れに悩む人がとても増えています。

お洋服で隠れる皮膚はマシですが、
顔や首、手など肌が露出している部分
花粉が付きやすいので、荒れやすいです。

症状としては赤く腫れたり、痒かったり
湿疹が出来たりします。
痒くて掻いてしまう事で傷がついて
化粧品がしみてしまう事もあります。

傷が付いていなくても、
お肌が敏感になりいつもの化粧品が合わなくなったりと
トラブルは多くなります。

私が心がけている花粉症皮膚炎の対策!

とにかく保湿する

花粉症、皮膚炎、肌荒れ、対策

花粉シーズンは冬の終わりから春先ですよね。
ただでさえ肌が乾燥しがちな時期です。

花粉シーズンではなくても、
「乾燥で肌が痒い」という経験はありませんか?

お肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下します。
そうするとあらゆる刺激に対して
お肌が弱くなっていくのです。

お肌が乾燥して弱っているところへ
アレルギーの原因である花粉が付着すると
余計に症状がひどくなります。

しっかり保湿することで皮膚のバリア機能を高め、
花粉が肌に入り込むのを防ぐようにしましょう。

湿疹や傷が出来にくくなります。

私は一年を通してお肌の乾燥には気を付けています。

ただ花粉シーズンはどうしても敏感になっているので
保湿も敏感肌用のスキンケアに切り替えます。

 

ローションはしっとりとコクのある使用感が気に入っています♪

【第2類医薬品】サイキ(Saiki)aローション 100g

価格:1,789円
(2019/3/4 12:37時点)
感想(0件)

 

乳液もたっぷりつけてダブルで保湿します!
夜は二度づけしています^^

【第2類医薬品】Saiki さいきn乳液 80g

価格:1,689円
(2019/3/4 12:36時点)
想(0件)

 

花粉を肌に直接触れさせない

花粉症、皮膚炎、肌荒れ、対策

最も重要なことは、花粉を肌に触れさせないことです!!

外出中はできるだけ花粉が肌に触れないように
メガネやマスクで肌を守りましょう。

私はメイクも花粉シーズンは濃いめにします。
ファンデーションをしっかり塗り、
こまめにお化粧直しもします。

ただ敏感な時期なので、
ファンデーションもこの時期だけは
刺激の弱いものを使います。

最近は花粉症皮膚炎の人向けに
いろいろなファンデーションが出ていますよ♪

私が使っているのは資生堂のdプログラムの
BBクリームです。お色は「ライト」です。

【資生堂認定オンラインショップ】資生堂 dプログラム アレルバリア エッセンス BBライト【ゆうパケット専用送料無料】

価格:2,700円
(2019/3/4 12:41時点)
感想(4件)

 

「ナチュラル」もあります。

【資生堂認定オンラインショップ】資生堂 dプログラム アレルバリア エッセンス BBナチュラル【ゆうパケット専用送料無料】

価格:2,700円
(2019/3/4 12:41時点)
感想(1件)

花粉の他にもほこりなどの微粒子から肌を守ってくれるそうです。

赤味やくすみも自然にカバーしてくれるのに、
厚塗り感がなく軽い仕上がりがお気に入りです!

花粉シーズンは髪の毛やニットの繊維が触れても
お肌が痒くなるほどお肌が敏感になります!

さらにお肌に当たる刺激の他に、
髪の毛やニットの繊維に付いた花粉
お肌に付いてしまうのです!

低刺激のファンデーションをしっかり塗って
お肌を守っていきましょう。

もちろん帰宅したらすぐに洗顔して
お肌に付いた花粉を洗い流してあげましょう。

まとめ

春先はただでさえ、お肌のコンディションが乱れますよね?

さらに花粉がつくことで、
お肌のコンディションはますます悪くなります。

花粉症皮膚炎悪化してしまうと、
花粉症のシーズンが終わった後も肌荒れに悩む事になります。

乾燥によって花粉症の症状は悪化してしまうので、
しっかりと保湿してお肌のバリア機能を高めていきましょう!

とにかく刺激を受けやすくなっている状態なので、
花粉が付かないように細心の注意を払ってお肌を守ってあげましょう