芸能

乃木坂46高山一実は小説家!読書が大好き!小説の他にビジネス本も書いててスゴイ!

乃木坂46、高山一実、小説家、文春、弟

今日2月8日は乃木坂46高山一実さんの誕生日です!
高山一実さんは今日で25歳になりました。

乃木坂46でアイドルをしている高山一実さんですが、
実は小説家でもあります。

 

乃木坂46高山一実さんについて調べていきます。

乃木坂46高山一実のプロフィール

乃木坂46、高山一実、小説家、文春、弟

【名   前】  高山一実(たかやまかずみ)

【愛   称】    かずみん

【生年月日】      1994年2月8日(25歳)

【出身地】         千葉県南房総市

【血液型】          A型

【身        長】       162 cm

【靴のサイズ】      24.5cm

【活動デビュー】   2011年ジャンル、J-POP

【所属グループ】   乃木坂46

【活動期間】      2011年~

【他の活動】   南房総市観光大使

【事務所】       乃木坂46合同会社

 

足のサイズが結構大きくて驚きました。2016年時点の大きさだそうです。

また好きな食べ物はぬれせんべい、好きなスポーツはバスケットボール、
好きなディズニーキャラクターはダッフィーだそうです♬

ミュージカルをメンバーと観に行ったのがきっかけで
美少女戦士セーラームーンのファンになり、
グッズを買いすぎて破産しかけた事もあると言っています^^

2018年には乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』で
セーラーマーズ(火野レイ)役で出演を果たしましたが、
高山一実さんが実際に好きなのはセーラーマーキュリーだそうです。

乃木坂46高山一実は小説家だった

乃木坂46、高山一実、小説家、文春、弟

乃木坂46高山一実さんの趣味は読書で、
好きな小説として湊かなえの『少女』を挙げている。

湊かなえさんの作品で最初に読んだのは高校生の時で『告白』。
次に『少女』『贖罪』を読んだそうです。

小説はミステリー全般が好きですが、
よしもとばななさんの恋愛小説も好きなんだそうです。

そんな読書好きな高山一実さんはご自身も小説家です!!

小説のタイトルは『トラペジウム』は、2018年11月28日発行され、
17万部突破の大ヒットとなりました!

架空の城州地方を舞台に、公立城州東高校に通う高校1年生の主人公・東(あずま)が、
お嬢様学校聖南テネリタス女学院で華鳥(かとり)と出会う物語。

主人公の東はアイドルを目指していて、

「SNSはやらない」

「彼氏は作らない」

「学校では目立たない」

「東西南北の美少女を仲間にする」

自分自身にこの4箇条を課していて
「絶対にアイドルになる」ために努力をしています。

努力の末に東西南北の美少女を仲間にした東が、
高校生活をかけて夢を追いかけるというストーリーで、

アイドルを目指す女の子の10年間を描いた感動の青春小説となっています。

乃木坂46高山一実さんは24歳で小説家になったんですね!
スゴイです!!
トップアイドルで忙しいので書くのは大変だったと思います。

他にも奥山泰全さんと共著ですが、
「お金がずっと増え続ける 投資のメソッド-アイドルのわたしでも。」
というビジネス書を小説よりも前に出しています。

まとめ

今日は乃木坂46高山一実さんの25歳のお誕生日です。

高山一実さんは本がとても好きで、ご自身も小説家です。

トップアイドルで忙しいのに小説を書くなんて
スゴイですよね!!

これからも頑張って活躍してほしいですね!
お誕生日おめでとうございます!