芸能

愛希れいかはどんな人?宝塚出身なの?ミュージカル「ファントム」でヒロインに決定!

愛希れいか、どんな人、宝塚出身、ファントム、ヒロイン

11~12月に上演されるミュージカル「ファントム」のキャストが発表され、
愛希れいかさんがヒロインのクリスティーヌ・ダーエ役を演じる事になりました。

愛希れいかさんはどんな人なのでしょうか?
宝塚出身という情報もあるので調べて行きます。

愛希れいかのプロフィール

愛希れいか、どんな人、宝塚出身、ファントム、ヒロイン

プロフィール

【名  前】  愛希 れいか(まなきれいか)

【生年月日】   1991年8月21日(27歳)

【出生地】    福井県坂井市

【身長】     167cm

【血液型】    A型

【職業】     女優

【ジャンル】   舞台

【活動期間】  2009年~

【活動内容】  2009年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2012年:月組トップ娘役就任
2018年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始

【事務所】   アミューズ

 

愛希れいか、どんな人、宝塚出身、ファントム、ヒロイン

 

2007年4月  宝塚音楽学校入学。

2009年3月  宝塚歌劇団に95期生として入団。入団時の成績は14番。
宙組で男役として初舞台。その後月組に配属しています。

2010年   はじめて娘役を演じる。

2011年   5月30日付で男役から娘役へと転向。新人公演初ヒロイン。

2012年   4月23日付で月組トップ娘役に就任。

2015年   日本初演1789-バスティーユの恋人たち-」で
マリー・アントワネット役を演じる。

2018年        11月18日の東京宝塚劇場公演
「エリザベート-愛と死の輪舞-」の千秋楽を最後に退団。

 

はじめは男役だったんですね!

エピソード

愛希れいか、どんな人、宝塚出身、ファントム、ヒロイン

3歳からクラシックバレエを習い始めて、
小さい頃から歌ったり踊ったりすることが好きだったそうです。

小学3年の時に、地元に来た宙組全国ツアー「エクスカリバー/シトラスの風」を観て、
宝塚のファンになりました。

学生時代はバレエと両立できるように放送部に所属していたそうです。

そして中学卒業時に宝塚音楽学校を受験し、なんと1回で合格しました!!

宝塚音楽学校時代は、1年目の予科生は娘役として授業を受けていましたが、
身長が伸びたこともあって2年目の本科生になる前に男役に転向しました。

その後「ジプシー男爵」で初めて娘役のヴィオルカを演じた時、
恋人役の龍真咲に「絶対に娘役の方がいい」言われたことがきっかけとなり、
入団3年目に娘役へ再び転向したそうです。

あだ名は「ちゃぴ」。

舞台の詳細

愛希れいか、どんな人、宝塚出身、ファントム、ヒロイン

ミュージカル「ファントム」
2019年11月10日(日)~12月1日(日)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

2019年12月7日(土)~16日(月)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

原作:ガストン・ルルー
脚本:アーサー・コピット
作詞・作曲:モーリー・イェストン
演出:城田優

キャスト
ファントム(エリック):加藤和樹 / 城田優(Wキャスト)

クリスティーヌ・ダーエ:愛希れいか / 木下晴香(Wキャスト)

フィリップ・シャンドン伯爵:廣瀬友祐 / 木村達成(Wキャスト)

カルロッタ:エリアンナ

アラン・ショレ:エハラマサヒロ

ルドゥ警部:神尾佑

ゲラール・キャリエール:岡田浩暉

まとめ

愛希れいかさんについてまとめました。
愛希れいかさんは宝塚出身で娘役のトップスターでした。

退団後は舞台を中心に活躍しています。

11月から始まるミュージカル「ファントム」での
ヒロイン役を見るのが楽しみです♬