暮らし

【林修の今でしょ!講座】山芋でコロナウィルスを予防?レジスタントスターチで腸内環境を整える

山芋、コロナウィルス、レジスタントスターチ

感染が拡大しているコロナウィルス!インフルエンザにも言えることですが
ウイルスに打ち勝つには免疫力を上げるのが最重要課題です!

免疫力を上げるには腸内環境を整えるのが大事なので、腸に良い食べ物を積極的に取ります。

この記事では腸内環境を整える免疫力を上げる食材のひとつ山芋に注目して
まとめていきます。

免疫力を上げればコロナウイルスは怖くない

山芋、コロナウィルス、レジスタントスターチ

コロナウイルスだけでなくインフルエンザもそうなのですが、
感染力が異常に高いウイルスを撃退する方法はなかなかありません。
いくらウイルスが原因で病気が流行っていても、普通に生活を送らないといけないし、
そうなると学校や会社、お買い物など人ごみに行くことは避けられません。

また仮に家で引きこもれたとしても、家族が出かけてウイルスを持って帰ってくることだってありますよね。

現在品薄のマスクだって100%ウイルスを除去できるわけでもなく、
実際に(マスクを着用していたであろう)医師もコロナウイルスに感染しています。

では最終的にどうやってコロナウイルスやインフルエンザウイルスなどのウイルスから身を守るかというと、守るのではなく打ち勝つのです。
ウイルスを体に入れない事は理想ですが限界があります。それよりも極端に怖がらずに
免疫力を上げる体づくりをしていきましょう。

免疫力は腸内環境を整えるのが大事

免疫力を高めるのには「腸」がポイントとなります。なぜかと言うと人間の免疫細胞の約7割は腸の中で生きているそうなんです。

腸内の免疫細胞は口を通して体内に侵入してきた細菌やウィルスの働きを食い止める役割を果たしてくれます。
つまり腸内の免疫細胞を強化するのが重要!それには良質な善玉菌を増やすことがひつようになります。

腸内細菌の働きを良くして免疫細胞の活性化を促しましょう。そうすれば免疫力を高めることができて、ロナウイルスやインフルエンザウイルスに打ち勝つ身体に近づくことになります。

腸内環境を整え免疫力を高める食材とは

① 発酵食品

《例》ヨーグルト、納豆、キムチ、みそ、チーズ、ぬか漬け、酢

② 食物繊維

《例》ごぼう、玄米、豆類、芋類、バナナ、アスパラガス、かぼちゃ、キャベツ、
山芋、納豆、海藻、きのこ類

③ 脂肪やたんぱく質をとり過ぎない

(肉類などの脂肪やたんぱく質はとり過ぎると悪玉菌が増えてしまいます)

 

腸内環境を整える食材はたくさんありますが、この記事では山芋に注目していきます!

コロナウイルスには山芋が効く?

山芋、コロナウィルス、レジスタントスターチ

山芋のレジスタントスターチが腸内環境を整える

山芋に含まれるレジスタントスターチは腸内細菌を元気にしてくれます。
便秘改善の効果も期待できるとして、ダイエットなどにも注目されています。

レジスタントスターチは血中のコレステロールや中性脂肪を減らす効果や、血糖値をコントロールする作用も期待できます。
そんなレジスタントスターチがたっぷり含まれている食材のひとつが山芋なんですね!

レジスタントスターチとは「難消化性でんぷん」のこと。つまり食べてもあまり消化されないまま、大腸まで届いてくれるでんぷんなのです!

私の好きな山芋の食べ方としては、すった山芋をたっぷりのごま油で裏表焼いて、ポン酢をかけて食べる事!山芋だとこってり、長芋であればあっさりいただけます。

山芋、コロナウィルス、レジスタントスターチ

ただ!

実は山芋に含まれるレジスタントスターチは加熱されると量が大きく減る特性があります。
効果的に取り入れるためにもできれば生で食べるのがおすすめなんです。

山芋は生で食べられるのでレジスタントスターチを効率的に摂取することができますね。
とろろかけご飯などでたくさん取り入れたいですね。(取り過ぎるとお腹がゆるくなりますのでほどほどに…)

まとめ

コロナウイルスやインフルエンザウイルスに負けない体は腸内環境を整えるのがポイントです。

そもそも腸の役割は消化・吸収・排泄機能だけではありません。
幸せホルモンであるセロトニンや免疫細胞などの殆どが腸が担っています。
腸内環境が整う身体のあらゆる不調が解消されて心身ともに快適な状態が保てるんです。

ストレスも腸が影響しているんですね!ストレスも免疫力を低下させるので見過ごせません。

腸内環境を整えてくれる山芋パワーコロナウイルスやインフルエンザウイルスに対抗できる身体作りを目指しましょう!