芸能

鈴木杏樹の夫(旦那)の死因や病名は何?ZIP出演中に亡くなっていた!

鈴木杏樹、元夫、死因、病名、元旦那

鈴木杏樹さんの不倫のニュースが飛び込んできて、とてもびっくりしています。
杏樹さんはだいぶ前にご主人を亡くしてから再婚もせず笑顔でお仕事を続けていて
いつも応援していたので、ちょっとガッカリです~

この記事では、そんな鈴木杏樹さんの亡くなった元夫(元旦那)について、
何をしていた人なのか、病名死因をまとめます。

鈴木杏樹の元夫(元旦那)は山形基夫

鈴木杏樹、元夫、死因、病名、元旦那

鈴木杏樹さんの元夫(元旦那)は山形基夫さんという一般人です。

駿河台日本大学病院の外科医として働いていて『乳がんの名医』として評判だったそうです!

1998年6月に結婚したお二人ですが、2013年に死別しています。

鈴木杏樹さんと元夫(元旦那)の山形さんに子供はなく、
山形さんの死後に杏樹さんが再婚することもありませんでした。

鈴木杏樹と元夫(元旦那)の馴れ初め

鈴木杏樹、元夫、死因、病名、元旦那

鈴木杏樹さんと元夫(元旦那)の山形さんは13歳も歳が離れていました。

鈴木杏樹さんは1969年9月23日生まれで、山形さんは1956年5月18日生まれだそうです。

13歳も歳下で、しかも女優である鈴木杏樹さんと、
医師で一般人の山形さんがどうして知り合ったかと言うと、

1998年1月に杏樹さんが腸閉塞の手術をしたことがきっかけです。
執刀医が元夫(元旦那)の山形さんだったそう。

そこで意気投合したのか、4か月後の1998年6月に二人は結婚しています。
元々の知り合いでなかったとしたら、かなりの電撃婚ですね!!

鈴木杏樹の元夫(元旦那)の死因と病名

鈴木杏樹さんは2011年4月~2019年3月までの9年間、朝の情報番組『ZIP』に出演していました。
元夫(元旦那)山形さんの死亡の一報は、実はこの『ZIP』の収録中に届きました。
2013年2月の事です。

実はこの時元夫(元旦那)である山形さんは、肝臓の病気を患っていて
手術のため渡米中だったそうです。そして手術前に容態が急変し亡くなってしまったのです。

つまり死因は内臓の疾患が原因になります。亡くなる5年ほど前からこの病気を患っていて、意を決しての手術だったようですね。

鈴木杏樹、元夫、死因、病名、元旦那

このニュースを聞いた当初は、お仕事で渡米中に不慮の事故か何かで亡くなったのかと思いましたが、結構大変な状態での渡米だったのですね。

“もし亡くなったら、自分の体を医学の発展のために役立ててほしい”
元夫(元旦那)の山形さんは鈴木杏樹さんにこのように伝えていたそう。

つまり「死ぬ可能性」も想定していたということでしょうか。
杏樹さんZIP出てて良かったんでしょうかね…?こういう時って付き添うものなのかと思いますけど…?

元夫(元旦那)の山形さんは、“患者の病気が治るならば、ぼくの命を引き換えにしてもいい”というのが口癖だったほど、とても思いやりのある方だったそうですから、
杏樹さんのお仕事に支障があってはいけないと思って一緒に渡米するのを断ったのかもしれませんね。

まとめ

鈴木杏樹さんの元夫(元旦那)は山形基夫さんという医師でした。
肝臓の病気を患っていて、手術のための渡米中の容態が急変し亡くなっています。

鈴木杏樹さんは朝の情報番組『ZIP』の収録中に死亡の連絡を受けました。

山形さんは患者さん思いのとても優しい医師であり、“もし亡くなったら、自分の体を医学の発展のために役立ててほしい”と生前言っていたそうです。
そしてアメリカから帰国した遺体は、そのまま山形さんの勤務先の病院に運ばれて、
肝臓の医学的検証が行われたんだそうです。