暮らし

酒粕タイプの甘酒で腸内環境を整える!肥満抑制に効果も?レジスタントプロテインの働きが優秀!

甘酒、腸内環境、肥満抑制、レジスタントプロテイン

甘酒は昔から健康に良い飲み物として有名ですよね!栄養価が高く『飲む点滴』なんて言われています。

最近ではアルコールフリータイプの甘酒が多く売り出されていて、子供からお年寄りに向けてコマーシャルも見られますね。

そんな甘酒、実は腸内環境の改善に効果があるのだそうです!

腸内環境というのは、健康と切り離して考えられないくらい重要なことですから、
確かに、『甘酒=健康に良い飲み物』として昔から愛されていたという事も納得できます。

この記事では甘酒の何が腸内環境に良いのか、そしてどんな栄養があるのかなど
甘酒についてまとめていきます。

甘酒の何が腸内環境に良いの?

レジスタントプロテインの働きが優秀!

甘酒腸内環境を整える理由は、甘酒を飲むことで腸内の善玉菌が増えるという事があげられます。

では具体的に一体甘に含まれる何が腸内環境を整えるのかというと、
レジスタントプロテインという成分が良い働きをしてくれているのです。

レジスタントプロテインというのは体内の消化酵素であり、分解されにくく
食物繊維のような機能を有するタンパク質のことです。

甘酒にはこのレジスタントプロテインや食物繊維が含まれていて
コレステロールから作られる胆汁酸を吸着して体外への排出を促してくれます。

米麹タイプと酒粕タイプ、腸内環境にはどっちが良いの?

甘酒には米麹タイプと酒粕タイプがありますよね。
どうせ飲むなら腸内環境に良い方が良いですよね。ではどっちが良いのでしょうか?

気になる正解は『どっちでも腸内環境には良い』そうです!

というのも『米麹タイプ』と『酒粕タイプ』、どちらも日本酒醸造でできる発酵食品なのですが、どちらが腸内環境に良いか?という具体的な研究がされていないんだそうです!

つまりお好みの方を飲んでOKという事ですね^^
どちらも腸内環境に良い事には変わりなさそうです。

ただ!

甘酒に含まれる成分である『酒粕』と『米麹』を比較してみると、
『酒粕』の方には先ほど紹介したレジスタントプロテインだけでなく、
『レジスタントスターチ』という難消化性デンプンが多く含まれています。

この『レジスタントスターチ』の働きはなにかというと、ビフィズス菌の増殖に効果があるそうなんです!

なのでより腸内環境を良くしたいと考えるのであれば、『酒粕タイプ』の甘酒がオススメという事になりますね。(ちなみに飲むタイミングは食後が効果的だそうです♪)

ちなみに酒粕と同様の成分を含むにごり酒でも同様の効果が得られるのだとか!
アルコールに強い方は取り入れてみてはいかがでしょうか。

甘酒にはどんな効果が期待できる?

甘酒、腸内環境、肥満抑制、レジスタントプロテイン

便秘の予防や解消

この記事のお題でもある腸内環境を整える効果!
甘酒には食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれているので、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる働きがあるのです。

そのため便秘の予防や解消に良い働きをしてくれるのです!

消化吸収を助ける

甘酒には栄養の消化吸収を助けてくれる働きもあります。
胃腸に優しいので夏バテにも最適なんですって!
甘酒って冬の飲み物だと思っていましたが、夏にもおススメなのです。
そういえば最近コマーシャルなどで紹介される甘酒は
冷やして飲むタイプが主流ですものね^^

実際に江戸時代には夏バテ予防に甘酒が販売されていたそうです。

血行と代謝の促進

甘酒にはビタミンB群が豊富に含まれているので、
血行と代謝が促進され老廃物を流す働きもしてくれます。

皮膚の状態を整えるビオチンの働きによって、
目の下のクマや肌荒れ、シミやくすみなどにも効果があります。

美容効果も期待できるとは万能ですね!

その他

甘酒の麹菌に含まれる酵素には抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素の発生を抑制してくれる働きがあります。

また動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防にも。

そして生理痛や生理前のイライラや肌荒れなどの月経前症候群の解消にも効果の他に、
なんと母乳の出を良くする効果まであるんだそうです!!

甘酒は『飲む点滴』などと呼ばれていますが、それにはちゃんと理由があって
甘酒に含まれるブドウ糖は麹菌によって既に分解済となっているため
効率よく体内にエネルギー源を吸収できるからなんです。

その他にもアミノ酸やビタミンB群、そしてミネラルまで豊富に含まれているののですが、
これらの成分が点滴と同じってことらしいのです!

美肌効果も抜群で腸内環境を整え健康にも良いなんて、万能ドリンクですね。

まとめ

私の実家では、冬になると大好きな祖母が『酒粕タイプ』の甘酒をよく作ってくれました。

大人になって祖母の甘酒を懐かしく思い自分で作ってみたら、砂糖が大量に入っていることが判明し、太るからあまり頻繁には飲めないな~と思っていました(笑)

でも最近、甘酒の効能がとても注目されるようになったことで、
様々なタイプの甘酒が販売されるようになりました。
甘さが控えめなど出ているのでダイエット中でも上手に取り入れたいですね。

またアルコールフリーなんかも売られていて(最近はそっちの方が主流ですね!)
車の運転やお仕事に関係なく日中でも気軽に甘酒を摂ることが出来ますね!
小さなお子さんやお年寄りでも大丈夫です^^

でもたまに祖母のあまーい甘酒が飲みたくなります♪
そういえば酒粕タイプの甘酒を好んでいた祖父母はとっても長生きで、
祖母に関しては90歳過ぎてもケンタッキーやコーラなどのジャンクなものを
平気でパクパク食べていました(笑)

腸内環境を改善する今流行りの『腸活』には発酵食品を積極的に取ることが重要!
発酵食の中でも腸活に最適と言われている甘酒を、ぜひ日常生活に取り入れてみましょう♪

また、甘酒には免疫活動を活性化させて免疫力を高める効果もありますから、
風邪の時に温めて飲むのもオススメ。季節を問わず強い味方ですね!
(風邪に効果があるのは米麹タイプの甘酒です♪)